ドルの両替

ドルの両替で得をするには、レートと手数料の知識が必要です。銀行や郵便局だけではなくて、チケットショップや成田空港など、さまざまなところで円とドルの両替をすることができます。
はじめての方へ
ドルの両替手数料は、インターネットを使うと劇的に安くなります。この方法を知れば、銀行でドルを両替をすることは一生なくなります。



身近な外貨両替


外貨の両替手数料
ドルの両替、つまり外貨両替の身近な例は、海外旅行や海外留学です。その他にも仕事での海外赴任や、海外に住む家族への送金など、いろいろなケースがあります。



手数料がかさみがち



外貨両替の手数料は、普通、銀行なら1米ドルあたり片道3円です。たとえば「円をドルに変える」「ドルを円に変える」とき、1ドルあたり3円の手数料がかかります。

ユーロは6円、オーストラリアドルは10円、ポンドなら11円ほどです。

外貨両替の金額が大きくなるにつれて、手数料もけっこうな額になります。ですので外貨両替の手数料を抑えることが、大切になってきます。




外貨両替の裏技


外貨両替の裏技
あまり知られていませんが、FX会社には外貨両替のサービスを行っている所があります(別名:コンバージョン)。

しかも、その手数料が1通貨単位あたり0.2円と、格安のFX会社もあるのです。たとえば1米ドルなら、銀行なら3.0円、FX会社なら0.2円です。その差は明らかですね。

さらにFX会社なら、時々刻々変化するレートの好きなタイミングで両替ができるので、銀行よりも小回りがききます。

そして両替できる通貨も豊富で、アメリカドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフランなど、さまざまです。




おすすめのFX会社


おすすめのFX会社
FX会社の中でも、現時点でのおすすめはマネーパートナーズです。

その理由は、外貨両替のおおくの部分を無料で利用できるからです。

1. FXの口座開設が無料

2. その口座へ円を入金するのが無料(クイック入金サービス)

3. 外貨両替の手数料が、どの通貨でも最低水準の0.2円

4. 両替した通貨を、日本の銀行口座(外貨もしくは円の普通預金口座)へ出金する手数料が無料

5. FX業界初の上場企業で信頼性がある

外貨両替サービスを行っているFX業者は他にもありますが、両替手数料の安さ、入出金手数料が無料なことから、マネーパートナーズが一歩リードしています。





マネーパートナーズをもう少し詳しく知りたい方へ



マネーパートナーズのサイトの、いちばん左上にあるロゴマーク赤色の枠で囲った部分をクリックします。

ロリポブログ用マネーパートナーズのFX口座開設




そして飛び先のマネーパートナーズ公式サイトの一番下の、コピーライト表示のすぐ上に、小さなリンクがあります。

このなかに「外貨両替」というリンクがあるので、これをクリックすれば、外貨両替について詳しく説明したページに行けます。下の赤丸の部分をクリックです。

マネーパートナーズ両替説明ページへのリンク




そして移動した「デリバリー・コンバージョン」ページの、真ん中より下に、外貨両替(コンバージョン)という部分があります。ここに詳しい説明があります。以下に引用します。

マネーパートナーズの両替説明ページ




外貨両替の操作は簡単ですし、親切な説明もあります。また、サポートも充実しているので、その点でも安心できます。





その他のFX業者



FX会社の、ひまわり証券や、外為どっとコムも、両替サービスをしています。

・ひまわり証券の場合も、外貨両替の手数料は0.2円ですが、そのお金を出金するときに5000円の手数料がかかります。

・外為どっとコムは、手数料が0.3円と少し高く、そして三井住友銀行以外への出金だと、3500円の手数料がかかります。

以上の理由から、マネーパートナーズが一番おすすめしやすいです。




キャンペーン情報


マネーパートナーズ公式サイト
マネーパートナーズは、2010年7月1日までキャンペーン中です。

1.初回取引をしたすべての方に、2,000円!

2.150万通貨取引をしたすべての方に、3,000円!

合計で、現金5,000円がプレゼントされます。







当ブログの概要



ドルの両替ってどうやるんだろう?ドルの両替をしてみたい。
海外旅行の準備の為や、コイン集める事が趣味ですので
初歩から、ドルの両替についてくる「レート」「手数料」等
関連したことまでまとめてみました。

ドル等の両替をする場所・店舗は、毎日開いているものだと
思っておりましたが、銀行系の一部店舗では休日でも
両替出来るのです。ありがたいですね。

他にも、郵便局や銀行等で取り扱う通貨数が違ったり、
レートや手数料とはなんなのか、初めての方でも分かるように
詳しく細かく紹介しています。出来る限り!

まとめていくうちに、ドル等の両替がお得な場所とか、
お店を見つけました。
計算が苦手なので、感覚的に直感でココおすすめ!なんて
知ったかもどき(笑)もあるかもしれませんが(ぇ?)
面白おかしく読んで頂けるようにしてみました。
分かり辛かったらごめんなさい!!

これから海外旅行へ行く方にも役に立てたら幸せです♪

ドルについてだけでなく、両替について学べたことが
沢山あります。レートと手数料の違いがわかっただけでも
心がすっきり晴れ晴れ☆
一歩ずつドルを両替し持って旅行をする現実が
近づいてきます(-_☆)

ドルと両替には、確実にレートと手数料がついてまわり、
銀行別に通常レートとは違うレートがあったり、
手数料があったり。

ドルの両替に慣れてしまえば簡単なかもしれません。
でも、慣れる前に基本的なことを知っておくと
後々役に立つでしょう♪
| - | 20:35 | - | -
ドルの両替がお得
ドルの両替がお得になるところがあります。

ドルの両替を特にお得に提供しているのは、
りそな銀行、三井住友銀行、みずほ銀行で
1ドルにつき30銭前後お得になります(*^∇^)v

プラス銀行以外では、大量の両替で。。
大黒屋では、50銭お得(3000ドル以上)
インターバンクでも、50銭お得(5000ドル以上)に。

レートや手数料を考えて(いや、考えなくても?)
お得であろうというと、上記の5か所になります。

3000ドル×95円=285000
5000ドル×95円=475000

( ̄□ ̄*)なんですとーっ!!

大量に両替するって、こんなにー?!
いや、今は円高だから「これだけで済む」んですね;
120円前後の円安に戻ったら…うはぁ〜(^^;

逆に長期滞在から帰ってきた人の中で
ドルを持っている人には、損した〜っていう人が
いるということでしょうか。

うん、ドルの両替とか、お得になるのはどこだーとか
探す前に、単純(?)に円高円安を理解せねば(笑)
損なのか、得なのか、混乱中です……。

で・も!(笑)
ドル両替は、郵便局より銀行のドルの両替サービスが
お得で、更に、銀行より大量のドル両替なら金券ショップ、
外貨両替企業などが良いんだなぁ〜と感じたのでした。

ゆうちょももっとサービス広げて欲しいですねぇ(*>o<)9
| - | 20:25 | - | -
ドルの両替(郵便局)
ドルに両替を郵便局でしてみよう!
郵便局、ゆうちょ銀行でも、円をドルに両替出来ます。

郵便局と言っても、外貨両替取扱郵便局でのことです。
郵便局で両替出来るなら、銀行より身近な気がして
行きやすいと感じますよ(*'∇')

常備しているドルなどの外貨の種類が郵便局により
違うようで、常備していないドルなどの外貨は
取り寄せになり、だいたい2〜5日間かかります。

ドルの金額、他外貨の種類によって両替対応
出来ないことがあり、郵便局は、銀行よりちょいと
不便かなぁ〜と感じてしまうところですね。

因みに取り扱っているドルなどの外貨は、8種類。
郵便局のドル両替は、銀行には敵わないのでしょうか。

郵便局で両替出来るのは、米ドル、中国元、加ドル、
英ポンド、韓ウォン、豪ドル、スイスフラン、ユーロです。

主要…ニーズが高いドルなどは両替出来るようなので、
郵便局が扱う種類の数や、両替金額の上限が低くても
問題ないと思います。
銀行でだってデメリットはありますから
(両替金額上限が郵便局より低いなど)、
どちらが良いか、選ぶのはあなた次第です☆(笑)

ドルや円などに両替するのに、1回につき現金とT/Cの合計で
300万円は超えられないそうです。
某銀行では200万までとか、◎◎元までとか、
…私には考えられない金額なので(爆)…個人的に安心♪

200万を超える両替については、本人確認が必要です。
本人確認出来るものを持っていこうっ(^0^)
| - | 20:25 | - | -
ドルの両替(銀行)
ドルの両替を銀行でするとしたら。

沢山ある銀行。
一番は、自分が良く使っている銀行で確認してみること
だと思っています。ドルの両替をしているならば、
慣れた銀行でドルの両替について聞く事が出来るし、
聞いた後に他の銀行のドルの両替と比べる事が出来ます。

都心では直接銀行に行って簡単にドルに両替出来ます。
銀行が余り多くない場所も、今ではケータイで口座が
持てる時代です。
ネットバンクでも両替出来るところがありますから、
あなたの住む場所を問わず、ドルから円に、円からドルに
両替出来ます。
宅配もやっているところもありますよ!

三菱東京UFJ銀行では、
6種類のT/C(トラベラーズチェック)
18種類の外貨現金を取り扱っています。

海外旅行前にFAXで外貨の両替を予約すると、受け取り
希望日に「成田」「中部」「関西」の空港で、円現金と
外貨と両替してくれるそうです。
ドルなど含めて17種類受け付けています。

三菱東京UFJ銀行の中には、ドルから円へ両替、円から
ドルへ両替の数字が表になって書かれています。

米ドル:円からドル | T/C 95.97 | 現金 97.77
   :ドルから円 | T/C 93.81 | 現金 91.97

銀行で外貨に両替する時に必要な日本円、でしょうか。
逆に1ドルを円に両替すると、約91円になるよと。
この差は、レートやら手数料やら…何かあるんでしょうけど、
何故差が出るのか?

…あ、銀行に聞けばいいのか!(笑)
| - | 20:24 | - | -
ドルの両替の手数料
ドルと両替と手数料について。
ドルを両替する際、ほぼ確実に手数料がかかります。

米ドルだと、1ドルに付き3円の手数料が発生します。
その上レートの事も忘れてはなりませんから、ドルの両替と
言っても知っておかなければ損をすることがあります。
計算が苦手は私には辛い!!(*`∇´*)はははっ

他に両替するドル等の外貨を上げると、
ユーロの手数料だと6円、
オーストラリアドルの手数料は10円…。

ぎゃー手数料が高いーっっ!(汗)
ドル両替…手数料…コワいー(謎)
どうしましょう、このままじゃ海外旅行に気軽に
行けませんよ〜(>_<;

ということで、裏技をご紹介♪

近頃…というより、ちょっと前からですね。
FX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引などとも言う)が
ちょっと助けてくれるのです。

FX会社の中に、ドルを両替してくれるサービスを
しているところがあるんだそうです。
しかも、ドルの両替の際つきまとう(笑)
手数料が、1通貨0.2円なんて会社もあるんだそうです!
レートは変わりますから「今がいいレートだ!」と思った
好きな時にドルに両替出来るんですって(*^-^*)

ただ、FXにも落とし穴があるようですので、
「じゃぁ、FXとやらでドルを両替しなくちゃ!」なんて
慌てないで下さいね。

まずは、銀行や郵便局のドルの両替と手数料を比較して、
納得してからFXも選択肢に入れましょう♪
| - | 20:24 | - | -
ドルの両替のレート
ドルの両替とレートは、切っても切れない関係にあります。

レートとは、日本円からドル、ドルから日本円に両替することで
生じるもので、
「両替する両方を比べて価値を合わせるためのもの」
だと私は考えています。

1ドルが1円なんておかしくないですか?(^^)
最近は、1ドルは95円前後の価値があると、メディアで
毎日発表されています。

ドルの両替のレートの話に戻ります。
三井住友銀行を参考にさせて頂きます。

取り扱っている通貨は16種類!(日本円含)
他にも外国通貨は他にもあると思うので、
多いとは感じません、私(^^;
マニアックな国と、そこの外貨に両替して
触れてみたいですもん!(笑)

しかし両替すると外貨ごとにレートがあり!

米ドル、カナダドル、オーストラリアドル、香港ドル、
シンガポールドル、ニュージーランドドル、
ニュー台湾ドル、ユーロに英ポンド、タイバーツ、
中国人民元、韓国ウォンも。

例えば、米ドルを円に両替する時は通常レートですが、
円からドルに両替する時には、1ドルにつきレートが
30銭優遇されます。
通常レートよりお得になるということでしょう。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに関しては、
2円もレート優遇。金額が大きくなるほど助かりますね。

三井住友に具体的な数字がなかったので、他の店舗と
比較して、両替やレートのことをしっかりと
理解しようと思います(*'-'*)b
| - | 20:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
  • seo